倉掛冬生【親から保育士の評判は事故前から最悪】双葉保育園送迎バス内の5歳児が死亡

ふたば保育園

倉掛冬生ちゃん(5歳児)が保育園の送迎バス内で死亡した事故が話題になっています。

倉掛冬生ちゃんを死亡させた福岡県中間市中間の双葉保育園の保育士の評判やバス運転手、職員など情報を紹介します。

[追記]バスの運転手は双葉保育園の40代の園長だったことが発覚しました。園長の名前は「浦上陽子(ウラカミ ヨウコ)」です。役員名簿から判明しました!

新情報

園長は保護者会で謝罪するも“園長を続ける”意向を伝え火に油を注ぐ炎上を起こしています。

倉掛冬生ちゃん【親・保護者からの評判は最悪】

双葉保育園

双葉保育園

「保育士としてありえない発言が多い」「おとなしい保護者に保育士が言いたい放題」と双葉保育園の評判は、今回の死亡事故が起きる1年前から最悪でした。

口コミを見ると保護者に言いたい放題という責任感が無い様子が見てとれます。

責任感の無い行動が普段から組織を悪くしていき、今回の倉掛冬生ちゃんの死亡事故につながっています。




バス内に取り残された5歳児を見落とすなんてことは確認さえしていれば絶対に防げたことは間違いありません。

それに、運転手が確認を怠ったとしても担任の保育士は倉掛冬生ちゃんが登園してきていないことに気が付くはずですし、欠席の連絡が無ければ保護者に連絡をしなければいけません。

子供を預かるという責任を軽視していたとしてネット上では大炎上しています。

[追記]倉掛冬生ちゃんが亡くなった翌日30日も双葉保育園は開いています。

倉掛冬生

バス送迎は無く、保護者らが保育園まで送り届ける形だったもののいつも通りに子供を預かっているのですが、預ける保護者からするとそのストレスは計り知れません。

「ご迷惑をお掛けして申し訳ない」といった内容の話はあったものの、詳しい話は一切無いとのことで他の子供達の保護者らも納得は絶対にいきません。

保護者からは「以前から園児の扱いが雑な感じがしていた」といった話も出ています。

やはり口コミ通り評判の悪い保育園だったことは間違いありません。今回倉掛冬生ちゃんの死亡事故を引き起こした福岡県中間市中間の双葉保育園について次のトピックで紹介していきます。

倉掛冬生ちゃんバス死亡事故の保育園「双葉保育園」福岡県中間市中間

〒809-0034
福岡県中間市中間2丁目13−8




双葉保育園の保育理念は立派なのですが、倉掛冬生ちゃんのバス内死亡事故が起きる前から評判はよくありません。

双葉保育園

保育園内の写真も見つかりました。

双葉保育園




双葉保育園

預かっている園児が多かったとしてもそこまで広いスペースではありませんし、担任の保育士なら倉掛冬生ちゃんがいないことに気が付かないとおかしいです。

倉掛冬生ちゃんの友達も気が付いて保育士の先生に言ったということはないのかというのも疑問の声として上がっています。

もしその上で無断欠席と気づいて保護者に連絡していなかったり、「たしかいたはず」と済ませていたとしたら大問題です。

双葉保育園の苦情件数「ゼロ」

双葉保育園

双葉保育園の過去の実績では、苦情件数はほぼ0件です。

平成29年度に1件の苦情があっただけでそれ以外に公表されている苦情はありません。

双葉保育園

たしかに口コミにもありますように苦情件数載せてはいますが、ゼロというのは考えにくいですよね。

それまでの口コミでも評判はよくありませんが、苦情として双葉保育園に届いていなかったのか、苦情として受け取っていなかったのかと考えられますね。

口コミに「組織としての対応も残念」とあるよに苦情として受け取っていなかった可能性は高いです。

双葉保育園のバス運転手・保育士

双葉保育園のバス画像が見つかりました。

双葉保育園

双葉保育園

トーマスのバスは子供が喜びそうですね。最初の頃保育園に通う時には親から離れたがらないお子さんが多いと思いますが、それをトーマスのバスで子供達が乗りたいと思わせているのでしょう。

登園用のバスはトーマスで、帰宅用のバスが黄色のバスという可能性もあります。




[追記]その後の報道でトーマスのバスが報じられています。

双葉保育園

上下に水色の外装の見えるバスが映されており、トーマスの方のバスに倉掛冬生ちゃんが取り残されていたようです。

この日朝の送迎を担当したのは、運転手を務める同園職員1人だった。この職員は「(男児がバスに)乗った認識はあった。その後降りたものだと思っていたが、確認したわけではないと調べに対し、説明しているという。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/7e28314313a376c9eb3503c0374aabbe95c25969

バスの運転手は倉掛冬生ちゃんがバスに乗ったのは覚えているものの降りたことは確認していなかったようです。

大型のバスではないのでバックミラーで見るか後部座席を振り返る程度しかしていなかったのでしょうが、乗車しているのは5歳児以下なのでそれだけで確認は出来るはずがありません。

保育園についてからもバス車内を確認していなかったということは、バス内の除菌や清掃も行っていなかったことになります。

このご時世でそのことが発覚しただけでも保護者としては不安になったことは間違いありません。

双葉保育園の園長が運転手「業務上過失致死か」[追記]

双葉保育園園長

朝の迎えのバスを運転した40代の女性園長が「(乗っていた)園児を降ろした後に施錠した」と説明していることが30日、捜査関係者への取材で分かった。降車の確認が不十分で、男児が長時間閉じ込められた可能性があり、県警は業務上過失致死などの疑いも視野に詳しい経緯を調べる。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/d9658d55f608c73ac04dc2f97be04202008b313e

バスの運転手を務めていたのは40代の女性園長だったことが続報により明らかになりました。

園長がこのような当たり前の車内の確認を怠るようだから、口コミにもあるように保育士達にも評判の悪い声があがるのでしょう。

園長自体がずさんなので、大事な子供が一人いなくても園内の保育士誰も疑問に思わず探したりなどがなかったのかもしれません。

「業務上過失致死」も視野に捜査が進められています。

双葉保育園の園長・理事長の名前特定「浦上陽子園長」

双葉保育園

双葉保育園のホームページには、理事長として「浦上ヤス子」氏の名前がありました。理事長が園長を兼任していたかどうかはわかっていません。調査後にまた追記したいと思います。

従業員は35名ということで、保育園の規模としては大人数のように思います。

双葉保育園のホームページはサーバーダウンしそうなほどアクセスが集中しているもののサイトの更新自体は1年以上前から止まっているように思います。園長自ら運転手を務めるくらいですから人手不足の可能性は高いです。

新情報

双葉保育園の園長の名前が特定出来ました。浦上陽子(うらかみ ようこ)です。

双葉保育園園長

[追記]倉掛冬生ちゃんは生前「園長先生に嫌われないようにちゃんとしなきゃ」と口にするのが気になっていたと母親からのお話の中で出てきています。

倉掛冬生ちゃんは幼いながらに園長先生に嫌われないように自分に言い聞かせていたのでしょう。

倉掛冬生ちゃんは園長先生のことが怖かったのかもしれません。たしかにこのようなずさんな管理の保育園ですから、色々と雑に扱われることもあったということがわかります。

母親も「本当は預けたくなかった」「仕事があって仕方がなかった」「私のせいだ」と自責の言葉を涙ながらに繰り返していたことが取材でわかっています。

浦上陽子・双葉保育園園長を続投で炎上!

双葉保育園

7月31日に事故後初めて双葉保育園で園長が事情を説明する保護者会が行われました。

2時間という長時間の保護者会では涙を流す保護者達もいた様子が報じられています。当然ですよね。

浦上陽子園長は、「いつも出来ていたことが出来ていなかった」と謝罪し、『園長を辞任せず、続行する』と言っています。

考えられませんね。

双葉保育園

たしかに「いつも出来ていた」なんて言い訳をこの保護者会の場でよく言えるなと思った方がほぼ全員ということは、間違いありません。

そして園長職に留まるという意向を示すのもどういう神経をしているのか理解が出来ません。

他にも批判の声が殺到して大炎上しています。




双葉保育園園長

双葉保育園園長

双葉保育園園長

浦上陽子園長には日本中から批判の声が殺到しています。

業務上過失致死で逮捕される可能性は、これだけ世論がついている中では可能性は高いです。

他の職員・保育士の証言、年長の園児や保護者らの証言など警察も身長に捜査を進めているでしょうが、業務上過失致死が認められる認められない以前に園長職続行はありえませんね。

【倉掛冬生ちゃん】双葉保育園送迎バス内の5歳児が死亡の概要

  • 双葉保育園の帰りのバスに倉掛冬生ちゃんが乗っていないことに母親が気が付き保育園へ連絡
  • 倉掛冬生ちゃんを探すとバスに取り残されていたことが発覚
  • 運転手は倉掛冬生ちゃんが乗ったことは認識あったが降りたと思って確認していなかった
  • [追記]当初運転手として報じられていたのは、40代の女性園長だった
  • 運転手はバス車内の確認を怠り、そのまま施錠して倉掛冬生ちゃんは閉じ込められる
  • 倉掛冬生ちゃんは脱水症状を起こし病院に搬送されるも1時間半後に息を引き取る
  • 中間市に隣接する北九州市八幡西区の最高気温は29日午前11時に33.1度

双葉保育園の運転手が確認していないことは運転手が証言しています。

運転手の他にも同乗する保育士はいなかったのか疑問の声が上がっています。保育園についてから車内を確認していないということは消毒や除菌もしていないことが同時に発覚しています。

また、仮にバスから降りたことを確認しなかったとしても、保育園内に倉掛冬生ちゃんがいなければ探すか保護者に連絡するのが普通の対応です。

つまり、倉掛冬生ちゃんがいないことにも気が付いていないことになり、双葉保育園のずさんな管理体制に批判の声が殺到しています。また新たな情報が入り次第追記します。

[追記]「冬生君は来ていませんよ」と母親は帰りのバスに迎えに行った際にいわれたそうです。

なぜ来ていないのに保護者に連絡をしないのか理解が出来ません。確認をせずにバスを施錠するずさんな園長の元で働く保育士もまた無責任だとうことがわかります。

担任の保育士は倉掛冬生ちゃんが来ていないことには気づいていたものの休みと思い込んで園長にもそのことを確認せず、親にも連絡しなかったそうです。浦上陽子園長に倉掛冬生ちゃんが休みかどうかを質問することすら嫌だったのか怖かったということがあった可能性があります。

⇒車内放置で子供を死亡させた母親第一報で擁護されるも新事実発覚で大炎上・逮捕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です