花森弘卓(ひろたか)の大学・学歴「常葉大学付属橘高校の制服ネクタイと卒アル画像一致」白金高輪駅の硫酸男・指名手配

花森弘卓

東京メトロの白金高輪駅で発生した硫酸事件の犯人・花森弘卓(はなもり・ひろたか)容疑者が指名手配され話題になっています。

花森弘卓(ひろたか)容疑者の出身高校の卒アル画像から制服がわかり常葉大学付属橘高校と噂になっています。

この記事では花森弘卓(ひろたか)容疑者の大学や学歴、出身高校などを紹介していきます。

追記
花森弘卓と被害者は沖縄の国立大・琉球大学理学部に進学していたことが判明しました!

⇒【関連】花森ひろたか自宅住所特定!豪邸に一人暮らしでガレージは荒れ放題

花森弘卓(ひろたか)の大学・学歴「常葉大学橘付属高校から沖縄の琉球大学へ」

花森ひろたか

twitterのツイートでは花森ひろたか容疑者の高校の卒アル画像のツイートに高校名が載っているものもありました。

OB・OGや近所の高校出身の人なら卒業アルバムを見ただけで制服からどこの高校のものなのかはすぐにわかると思います。

制服のネクタイが判明したことからすぐにネット上では花森弘卓(ひろたか)容疑者の出身校は「常葉大学付属橘高校」ではないかと噂になりました。




「常葉橘(とこはたちばな)高校」の制服と比較してみましょう。冒頭に男子学生のネクタイのアップが出てきます。

完全にネクタイの柄は一緒ですね。

花森ひろたか大学

常葉橘高校から県外の大学へ進学する人は少ないようです。

付属高校なので、花森弘卓(ひろたか)容疑者もそのままエスカレーター式で常葉大学へ進学した可能性は高いと考えられましたが新情報が出てきました。

追記

花森弘卓は常葉大学への進学ではなく、沖縄の大学へ進んだことがわかりました。

花森弘卓大学

沖縄県内にある大学となると、ある程度数は絞れます。

どこの大学なのかまでは現在公表されていませんが、どの大学に進学出来そうなのか花森弘卓(ひろたか)容疑者の高校時代の学力や偏差値をみていきたいと思います。

花森弘卓(ひろたか)の学歴・偏差値「常葉大学付属橘高校⇒琉球大学」

常葉大学付属橘高校花森たかひろ

花森ひろたか容疑者の出身校ではないかと噂されている常葉大学付属橘高校の偏差値は44~57です。

英数科になると偏差値は57となりやや高めですが、偏差値40代の生徒もおり部活動にも力を入れている文武両道の高校なので花森ひろたか容疑者の偏差値がどの程度なのかは現時点では振れ幅が大きいです。

しかし、大学に進学していることを考えると偏差値は高い方のクラスに所属していた可能性が高いです。

花森弘卓琉球大学

「常葉大学付属橘高校の上位層なら琉球大に行けないこともない」といたコメントもありました。




沖縄県内の大学偏差値ランキングを見てみましょう。

花森弘卓琉球大学

沖縄県内では国立大学の琉球大学がランキング上位のほとんどを占めており、医学部以外なら高校で上位層にいればそこまで合格することは難しくないレベルです。

わざわざ静岡から県外に出てまで偏差値50を下回る大学に通うというのは考えにくいのでじょうきょうだけ見れば琉球大学という説は可能性を考えられます。

追記

新たな情報により、花森ひろたか容疑者の出身大学は琉球大学理学部で確定しました。化学の知識があり、硫酸入手も容易だったと推測出来ます。

常葉大学付属橘高校から4年制大学に進学する生徒は半数以上いるそうで、大学の付属高校なのでそのまま常葉大学へ進学した可能性は高いですが、花森ひろたか容疑者は国立大学出身の高学歴なのではという憶測も飛んでいました。

花森ひろたか容疑者は頭が良い優秀な生徒だったという根拠と共に次のトピックで紹介していきます。

花森弘卓(ひろたか)の大学・高学歴「量刑まで考えた秀才か」

当初硫酸を顔に掛けられた22歳の被害者男性は加害者に見覚えが無いということでしたが、警察によると大学時代のサークルの先輩という関係性だったことが判明しました。

花森ひろたか

花森ひろたか容疑者の出身大学がどこなのかは現在調査中です。

「国立大学出身」なのではないかという推理がネット上で噂になっていますが、その根拠について触れていきます。

  • 刃物ではなく硫酸を使用している点
  • 被害者男性が都内の会社員

まず、アシッドアタックという硫酸を顔に掛ける犯行を選択している点ですが、容疑は『傷害罪』です。

傷害罪なので15年以下の懲役、または50万円以下の罰金で済むので殺人未遂と比べて量刑がかなり軽いです。

被害者は顔に硫酸を掛けられたことで一生消えない傷が残りますが、加害者側は傷害罪が適用されれば軽い量刑で済むのをわかった上で凶器に刃物ではなく硫酸を使用している可能性が高いです。

その為、短絡的な犯行ではなく計画的で量刑まで見据えた優秀な頭脳の持ち主ではないかということから国立大学や優秀な私立大学など高学歴であると予想されています。




もうひとつの被害者男性が東京都内の企業に勤める会社員という点も高学歴と言われている根拠の一つです。

  • 被害者男性22歳は会社員
  • 東京都内は大企業が多い
  • 都内の企業に就職するには学歴が低いと難しい
  • 被害者男性は高学歴
  • 花森弘卓(ひろたか)容疑者は被害者男性の大学時代のサークルの先輩

つまり、東京都内の企業に就職できている後輩と同じ大学なので花森弘卓(ひろたか)容疑者も高学歴であるという流れです。

また調査を進めて追記したいと思います。

⇒花森弘卓のtwitter調査「コレコレが間違われて警察から電話」

花森弘卓・アシッドアタックの量刑は軽い

花森弘卓

  • 殺意があれば殺人未遂
  • 殺意が無ければ傷害罪
  • 前例の高崎硫酸事件の量刑は懲役2年6カ月の実刑判決

裁判での判決は前例も重視されます。

前例の高崎硫酸事件の判決はわずか懲役2年6カ月です。しかもこのケースでは被害者が3名で、その上執行猶予中の犯行なのでかなり悪質と言えます。

ですが、それでも懲役はわずかな期間でしかない為、今回の白金高輪駅で起きた花森弘卓(ひろたか)容疑者の量刑もかなり軽いものになると予想されます。




アシッドアタック

ネット上でも花森弘卓(ひろたか)容疑者の量刑はかなり話題になっています。

たしかにこれだけ話題になった犯人の刑が軽ければ模倣犯が出てくることは間違いありません。

刃物などで刺したり、暴行を加えるよりも顔に一生消えないケガを負わせてしまうアシッドアタックの方が加害者側からすればメリットがあると考えて犯行に及ぶことも考えられます。

しかも適応が傷害罪にしかならないとなれば尚更です。

逮捕・起訴はまだ先の話ではありますがこの判決にはかなり注目が集まることは間違いありません。

花森弘卓twitterから流出の卒アル写真「激太りの現在」

高校時代の同級生らしきアカウントから花森ひろたか容疑者の卒アル画像がtwitterでは流出していました。

たしかに「花森弘卓」と書かれています。

花森ひろたか卒アル画像

指名手配された写真の面影を感じますが笑顔で今とは全然印象が違います。

花森ひろたか

今は服装もリュックも「ダサい」の一言に尽きるような風貌です。

マスクもこの防犯カメラの映像では鼻だしマスクですし、硫酸事件の犯人と知らなくても近寄りたくない見た目をしています。

高校時代も痩せていたわけではありませんがガタイがいい程度です。指名手配の写真もおそらく大学や就活時代の証明写真だと思いますがそこから一気に激太りして現在に至っています。

自宅の静岡から東京にまで出てきて硫酸を掛ける事件を起こすくらいですから大学時代のサークルではかなり酷い怨恨があったと考えられます。

そこが人生の分かれ道となって現在のような風貌になるまで激太りした可能性は高いです。

花森ひろたか大学・高校ではラグビー部か

花森ひろたか

花森弘卓

たしかに体格からすると高校時代からラグビーをしていてもおかしくない体型です。

犯行翌日の花森弘卓(ひろたか)容疑者をとらえた防犯カメラ映像の服装もラガーシャツを着ていると思った方は少なくないはずです。




他にも体系からのイメージなのか「柔道」と思った方への意見にも肯定派の方が多かったです。

花森ひろたか

高校時代の髪型から考えると柔道にしては髪が長すぎる印象です。昔のように坊主に絶対しなければいけないということは無いでしょうが、それでも耳の形から柔道をしていそうには見えません。

ラグビーか柔道かどうかは確定情報では無いのでわかりませんが、部活やサークルでのスポーツをやめた後も食べる量が変わらずに激太りした可能性も考えられますね。

もしくは大学時代のサークルで被害者男性との確執をずっと引きずりながら就職にも失敗して引きこもって激太りして、今回の犯行へ至ったという可能性も高いです。

花森ひろたか動機はサークル時代の女絡み怨恨か

花森ひろたか

花森弘卓

たしかに高級住宅のある最寄り駅の白金高輪駅で被害者は下車しているので裕福な家庭で実家住まいだった可能性は高いです。

大学生は貧乏が多いので実家が裕福でお金持ちだとグループの中心になる人も出てきます。

大学時代からサークルで花森弘卓(ひろたか)容疑者は年下の被害者男性から見下されていたり、リア充アピールされてそれをずっと根に持っていたと見ても不思議ではありません。

ですが、自身は卒業して数年は会っていないであろう後輩に硫酸を掛ける為に静岡からわざわざ東京にまで行って犯行に及ぶのはよっぽどのきっかけがあったのではないかと考えられます。

大学のサークル時代からずっと疎ましく思っていた後輩が、自分は激太りして思ったような人生を歩めていないのに東京都内の企業に就職した後輩が許せなかったのかもしれません。

花森弘卓(ひろたか)アシッドアタック白金高輪駅の概要

  • 花森弘卓容疑者と被害者男性は大学時代のサークルの先輩・後輩関係
  • 花森弘卓は8月24日午後9時頃に白金高輪駅の上りエスカレーターで追い抜きざまに22歳の男性会社員へ硫酸を顔に掛ける
  • 花森弘卓は犯行後その日の内に品川駅から新幹線で静岡の自宅へ帰宅
  • 翌日8月25日に静岡駅から電車に乗って逃走
  • 花森弘卓容疑者の自宅は家宅捜索へ

花森弘卓(ひろたか)容疑者は量刑の軽い傷害罪となる硫酸を使用して犯行に及びました。

被害者男性は大学を中退していない限り今年新卒の会社員ということになりますが、花森弘卓(ひろたか)容疑者自身はもっと早く大学を卒業もしくは中退しているはずです。

数年越しに顔に硫酸を掛けるという犯行を決断した背景には、強い怨恨が感じられます。被害者男性はイケメンで、それが気に入らず硫酸でそれを台無しにしようと量刑関係なく犯行に及んだとも考えられます。

また新情報が入り次第追記します。

⇒【関連】花森ひろたか家族・生い立ち「母親は中国人で医者」実家は豪邸

⇒【関連】花森弘卓のtwitter・facebook調査「実家に独り暮らし・両親他界か」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です