木下ふみこ経歴・学歴調査「無免許運転の翌日に小池都知事は選挙応援」免停明け前から街宣車運転

木下富美子無免許運転事故

都民ファーストの会・木下ふみこ都議会議員が当選2日前に無免許運転で事故を起こしていたことが発覚し大炎上しています。

小池百合子都知事は事故翌日に木下ふみこ議員の選挙応援に駆け付けています。

大炎上中の木下ふみこ議員の経歴・学歴・家族(旦那や子供)や嘘だらけの事故について紹介していきます。

木下ふみこ議員の経歴・プロフィール

  • 名前:木下富美子(きのしたふみこ)
  • 生年月日:1966年10月13日(54歳)
  • 出身:愛知県名古屋市
  • 所属:都民ファーストの会(2017年7月23日~現在)
  • 前職:㈱博報堂

前職は超大手の広告代理店・博報堂出身の政治家という華々しい経歴をお持ちです。

女性ということで政治の世界で大変な思いをしてきたでしょうが、それでも子育てをしながら政治活動をする姿に多くの女性支持者が集まり当選しています。

しかし、今回の無免許運転事故が発覚して大炎上。さらには嘘を塗り重ねて信頼度は完全に失墜してしまいましたね。

炎上している木下富美子都議の事故の嘘や概要をよく知る為にも木下富美子の学歴をまず見ていきましょう。

木下富美子の学歴|高校は向陽高校

木下富美子都議の出身高校は「名古屋市立向陽高等学校」です。

偏差値は69~71という高い数値です。大企業である博報堂に採用されるだけのことはありますね。

向陽高校

引用元:https://www.minkou.jp/hischool/school/deviation/3394/

愛知県は偏差値の高い高校が多いのでランキングで見ると7番目ではあるもののそれでも偏差値70なので充分トップクラスの高校です。

木下富美子の学歴|大学は東京外国語大学

木下ふみこ議員は「東京外国語大学スペイン語学科」に進学しています。

偏差値は60~65とこちらも高学歴。英語だけでなく、世界14地域27言語の授業が用意されているので偏差値という枠を超えた難しさもありますね。

2017年に政界進出後、2018年には東京大学大学院の都市工学専攻都市持続再生学コースに入学して現在も在籍しています。

本当に都民ファーストで都政を考えて、学ぶことを続けており立派に見えるのですが、今回の無免許運転事故のせいで「箔をつける為の東大大学院」などと揶揄する声も増えてきそうです。

木下富美子の旦那・子供(結婚後に離婚か)

  • 平成11年(1999年)「出産・育児休業を経て広報室に復帰」と公式HPに記載
  • 平成29年(2017年)「シングルマザーとして働きながら娘を育てている」と発言

以上の公表されていることから木下富美子議員には娘さんがいて、年齢は22~23歳ということがわかります。

シングルマザーということで、現在は夫はいないことになりますが、旦那さんと死別したのか離婚したのかまでは現在調査中です。

高学歴・大手企業・政治家とエリート人生を送っていてもプライベートまで完璧というのは中々ありませんね。

政治家として応援してもらう為のエピソードとして出てこないところを見ると離婚が濃厚ではないでしょうか。

それでは次のトピックから木下富美子都議の無免許運転事故について触れていきます。

木下ふみこ「無免許事故」小池都知事は知っていたのか

木下ふみこ議員は事故を起こした翌日に小池百合子都知事と笑顔で握手する姿を自身でもアップしています。

https://twitter.com/kinoshitafumiko/status/1411145617242353667

https://twitter.com/kinoshitafumiko/status/1411850933596688387

木下ふみこ議員と小池百合子都知事の笑顔のツーショットと選挙当選は、無免許運転事故を起こして相手をケガさせた後の出来事です。

小池百合子都知事からしたら完全にばっちりですが、知っていて選挙応援に駆け付けたのならそこもまた大問題ですよね。

現在小池都知事はこの件に関してコメントされていませんが、小池百合子都知事以外にも応援に駆け付けた政治家の方のfacebookの投稿を見つけました。

木下富美子事故

南雲由子区議会議員によると
  • 無免許運転の事実は伝えていない
  • 今回の事故で免停になったとウソの報告

このように、応援に来てくれた南雲由子区議会議員に対しては嘘をついています。

ホームページのヘッダーや選挙活動の幟にまで載せている最大の後ろ盾の小池都知事に本当のことを話しているとは考えにくいですよね。

[追記]小池都知事は木下富美子議員に対して「辞職すべき」と通告しています 。

  • 小池都知事は木下富美子議員に対して7日に辞職を求める発言
  • 9日の定例記者会見で改めて辞職すべきと通告
  • 都議継続の意向を示している木下ふみこ議員に驚いている

木下ふみこ無免許運転で党員資格停止処分

木下ふみこ議員は「免停期間を間違えていた」と弁明していますが、そんな子供のような嘘に騙される人はいませんよね。

事実関係が明らかになるまでは、都民ファーストの会から「党員資格停止処分」を下されました。

噓に嘘を重ね、さらにすぐにバレる嘘ばかりを付いてどんどん炎上して信頼度が落ちていっています。

今更本当のことを正直に伝えても党員資格が戻ることは無いかもしれません。

[追記]都民ファーストの会からは除名処分されて、今後無所属としての活動になりました。

[追記]除名処分後に「SDGs東京」という一人会派の新しい会派をつくっています。

考えられませんよね。辞任せずに議員を継続するということです。

批判されながらも継続さえすれば4年間の任期では約8,000万円~1億の議員報酬が入ります。

他からもマネタイズ出来ればさらに報酬は増えるでしょうし、この件も延々と言われ続けるにしてもしばらくすればほとぼりも冷めると考えているのかもしれません。

小池都知事も辞任せずに継続する意向を示していることに驚いています。

木下ふみこ議員の辞任は3カ月後か

永田町の関係者からコメントがありました。

「3か月以内に辞職すると自民党候補が繰り上がるので、議員辞職までは迫らないでしょう。議員の出処進退は自分で決めるもの。コンプライアンスのかけらもない議員が居座り、4年間で1億円近い税金が支払われることになれば、政治不信が高まるだけです」

MEMO
  • 都民ファーストの会からは除名処分
  • 除名されても議員辞任するかどうかは本人に裁量がある
  • 3カ月以内に議員を辞職すると自民党候補が繰り上げ当選
  • 対立候補が繰り上げ当選するので政党は辞任を迫らない
  • 木下ふみこ議員が続ける場合は無所属
  • 任期内議員を続行すれば1億近い税金が木下富美子に支払われる

無免許運転は免許停止期間を勘違いしていたと弁明しているものの、その前から無免許を認識して運転していたことが何度もあり悪質です。

3カ月ほとぼりが冷めるまで議員を続行する可能性が高いですが、法律を軽視してコンプライアンスも無い都議会議員に1億円近い高額な給料が税金から支払われるのを都民が知ったら納得いかないでしょう。

言い訳せずにしっかりと隠していたことを謝罪した上で議員としての仕事を全うすれば、また信頼を取り戻せたのかもしれませんが、言い訳が見苦し過ぎてどんどん自分から窮地に向かっています。

次はどんなウソが飛び出てくるのか、また情報が出次第追記していきます。

木下ふみこ無免許運転事故の概要

無免許運転事故の概要
  • 7月4日東京都議選・板橋区選挙区で2回目の当選
  • 7月2日に無免許運転事故を起こしていたことが発覚
  • 板橋区高島平3丁目付近の交差点で車をバックさせて停車していた車に衝突
  • 木下ふみこ議員にぶつけられた夫婦が負傷
  • 免停期間が終了していると勘違いと弁明

ここで小学生のような言い訳をせずに素直に謝罪すればここまでの大炎上にならなかったのかもしれませんが、ウソをついたことで余計に炎上しています。

以下は木下ふみこ都議の嘘まとめです。

木下ふみこウソ連発!炎上の流れ

  • 7月2日まで免停だったので、2日から運転出来ると思ったと発言。
  • 選挙前・選挙期間中ともに木下富美子の運転の目撃情報あり。
  • 免停とわかって運転していた期間があることが明らかになる。
  • 今回の事故で免停になったと南雲議員へ報告。
  • 選挙応援に来てくれた人達にも迷惑を掛ける。
  • 無免許運転で人身事故を起こしても辞職しない。
  • 政党から党員資格停止処分を喰らう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です