松丸亮吾の母親は癌で他界「東大のきっかけ・後悔を告白」形見の婚約指輪に感動

松丸亮吾母親

謎解きブームを牽引している松丸亮吾さんは高校生の頃に母親が癌になり、他界していました。

東大を目指したきっかけや好感度が高い松丸亮吾さんからは想像ができない、母親に対しての後悔を告白していたんです。

また、母親が松丸亮吾さんに残してくれた婚約指輪を父親からもらうという感動的なエピソードもあったので、詳しく紹介していきますね。

松丸亮吾の母親は乳がんを子供たちには秘密

松丸亮吾さんが高校1年生で反抗期真っ盛りのときに母・順子さんに乳がんが見つかりました。

乳がん摘出手術を受けて一安心していたところ、肺に転移が見つかり、その後はものすごい早さで病状が進行していきました。

四人の息子たちはお母さんが乳がんになって闘病していることを知らず、夫婦だけの秘密にしていたそうです。

抗がん剤も投与していたでしょうし、体調が万全でない日も多かったと思いますが、息子たちに心配かけまいと常に明るく、元気に振舞っていたんでしょうか。

そのときの父・悟さんの気持ちを考えると、本当に辛くなってしまいますよね…。

松丸亮吾は母親を無視・反抗期は兄へ劣等感

松丸亮吾さんは学校をサボってゲームセンターで遊んでいたり、お母さんに向かって酷い言葉を言ったり、無視したりと典型的な反抗期を過ごしていました。

何事もなければ反抗期が終わった頃には笑い話になるんでしょうけど、その当時お母さんは闘病中だったので、お母さんの気持ちを考えると胸がギュッと苦しくなりますよね。

老若男女問わず好感度が高い「謎解きのお兄さん」というイメージからはまったく想像ができないです。

松丸亮吾さんが高校生の頃、長兄のDaigoさんはメンタリストとして活躍中ともあってか、比べられることも多く劣等感に苛まれていました。

お兄さんたちへの劣等感が、反抗的な態度に拍車をかけていたのかもしれませんね。

松丸亮吾は母親の病気を知り後悔

あるとき父・悟さんから「今日が最後かもしれない」と松丸亮吾さんは声をかけられ、嫌な予感がしてお母さんの部屋へ行くと、見たこともないくらい変わり果てた母・順子さんの姿がありました。

このとき母・順子さんは医師から「余命半年」と宣告され、回復の見込みがないために自宅療養を選択していたんです。

母・順子さんは以前の姿からは想像できないくらい痩せ細っており、声も満足に出せない状態で、その姿に衝撃を受けると共に「これまでお母さんになんと酷いことをしたんだろう…」と後悔し、謝罪をしながら何時間も泣き続けたそうです。

その1週間後の2012年4月9日に58歳で、まだ高校生の松丸亮吾さんを残して母・順子さんは息を引き取りました。

最後に会うまでに松丸亮吾さんは父・悟さんから「母親に会いなさい」と言われていましたが、病気を知らないため、反抗的な態度を取り、会うことを拒否していたそうです。

その当時は、まさか闘病中で回復の見込みがないから自宅療養をしているとは思いませんよね。

これが病院で闘病していたら亡くなるまで会えなかったかもしれないので、「最後までなるべく近くに、そばにいたい」という母・順子さんの愛情だったのかもしれません。

松丸亮吾の東大受験は母親の日記で決意

母・順子さんが亡くなった後に発見された日記には、体調の悪化についても書いてありましたが「松丸亮吾さんが大学生になるのを見届けたい」という思いが綴られていました。

その日記を読んだことで決意が固まり、東京大学へ行くために猛勉強を始めました。

ずっと学校や勉強をサボっていたため高校生2年生の冬の時点で300人中298位の成績で、自分より下の2人は試験当日欠席のため実質ビリと、麻布高校とはいえ東京大学合格は厳しい状況だったんでしょうか。

そこからはDaigoさんや三男の怜吾さんに英語や化学を指導してもらい、高校3年生の春には7位まで成績を上げることに成功しました。

そして、現役で東京大学に合格し、母・順子さんが待ち望んでいた夢を叶えました。

松丸亮吾の母親の形見「婚約指輪を末っ子に」

日記のほかに母・順子さんから愛する末っ子へ残したものがあり、それは父・悟さんと母・順子さんが婚約したときの「婚約指輪」だったんです。

「松丸亮吾さんが将来結婚したときにその奥さんになる人に渡して欲しい」というもので、兄三人もまったく知らず、末っ子の松丸亮吾さんのことを心から案じていたことが伺えるエピソードでした。

体調が悪いときに、知らないとはいえ反抗期な態度を取られても、愛する子供たちのことを第一に考えていたんですね。

松丸亮吾さんは「亡くなる直前までお母さんに会いに行かなかったので、自分のことを憎んでいるんじゃないかと思うときもあった」と語っているので、その遺言を聞いて安心したに違いありません。

なぜ四人兄弟のうち松丸亮吾さんなのかというと、「末っ子が結婚して安心できるから」という理由みたいですよ。

松丸亮吾の兄・Daigoも母親の死で価値観が変わる

母・順子さんの死は当時、調子に乗っていたDaigoさんの仕事やお金に対しての価値観までも変えるきっかけになりました。

母・順子さんが闘病中の頃はテレビでの仕事が増え、テレビ局のスタッフに失礼な態度を取ったり、天狗になることもあったので、一生懸命に仕事をしてお金を稼ぐことをしなかったそうです。

Daigoさんもガンが転移していたことは知らず、自宅療養中のとき部屋に抗がん剤があるのを見て、初めて再発に気付きました。

母・順子さんの死を経験して、仕事に対する姿勢を改めようという気持ちになったんですね。

Daigoさんは「仕事にちゃんと向き合ってもっと稼いでいれば、最先端の治療を受けさせてあげられたし、命を救えたかもしれない」と後悔していると語っていました。

松丸亮吾さんもDaigoさんも若くして「母の死」を経験したことが、松丸亮吾さんは東京大学受験の糧に、Daigoさんは仕事やお金に対する姿勢を改めるきっかけとなり、人生を歩むための道しるべとなっていたんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です