梅沢洋の家族構成【嫁・子供・孫調査】千葉県八街市トラック死傷事故

千葉県八街市トラック事故

千葉県八街市(やちまたし)で朝陽小学校から集団下校中だった児童5人を巻き込んだ事故が大きな話題になっています。

逮捕された梅沢洋(うめざわひろし)容疑者60歳は飲酒運転をしていたということも相まって大炎上しています。

この記事では多くの人が気になっている梅澤洋容疑者の家族構成(嫁・子供・孫)や自宅住所などについて触れていきます。

梅沢洋の家族構成(嫁・子供・孫)

梅沢洋

梅沢洋容疑者の両親は事故後のインタビューに登場していますが、子供・孫などは現在公の場には出てきていません。

梅沢洋容疑者は60歳という年齢から、妻や息子・娘に孫がいてもおかしくありませんが詳細は明らかになっていません。

常習的にお酒を飲んでいたという声も上がっており、『(ひとりだから)守るものが無い状態』だった可能性も今回の事故を生んだ原因かもしれません。

梅沢洋

千葉県八街市トラック事故

  • 「普段から酒を飲んでいる」
  • 「仕事中運転しながらも酒を飲んでいる」

あくまで噂の話ではありますが、「火のない所に煙は立たぬ」とも言われるように酒を飲んでいるというイメージが付いている時点で、常にでは無いものの飲酒していた可能性は高いといえます。

酒好きというのは間違いありません。

こういった話から考えると、前述したように『守るべきものがいない=妻子がいない』という孤独な老後を過ごす予定だったのかもしれません。

60歳まで孤独な人生を送っていたと考えるとそれはそれで同情の余地はあるかに見えますが、そんなことはありません。

例えそうであったとしても、それも身から出た錆であり他人の命を奪う可能性のある飲酒運転は絶対にダメですし、実際に死傷事故で未来ある小学生の命を奪っているのですから同情する余地はありません。

梅沢洋の家族構成・両親とは別居

梅沢洋容疑者の自宅は家宅捜索されている際にニュースに映し出されました。

自宅は会社の寮などではなく一軒家です。

 

千葉県八街市トラック事故

大きな一軒家ですので同居の家族がいる可能性も高まりましたが妻子については明らかになっていません。

ただ、両親とは別々に住んでいることが明らかになりました。

容疑者の母親「申し訳ない気持ち」
29日、梅沢容疑者の母親が取材に応じた。

梅沢容疑者の母親:
申し訳ない気持ち。

ーーーよくお家で酒を飲んでいた?
家が別だから分からなかった。
今の私たちの力じゃどうしようもないので、もし遺族の方に行き会ったら、本当に詫びてたと伝えてください。お願いいたします。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/3f4b510fdaba10ccf98c4c2e085ecb749986232e

田舎の一軒家となると一人暮らしというのも珍しくはありませんが、年老いた両親と別居していることを考えると他に家族がいる可能性も考えられますね。

家族構成についてはおって情報を更新していきたいと思います。

梅沢洋の自宅住所は千葉県八街市は2-272付近

〒289-1107

千葉県八街市八街は2−272

南武運送株式会社

梅沢洋容疑者の自宅以外にも勤務先の会社にも家宅捜索が行われています。

似たような名前や一文字違いの全く関係の無い会社に嫌がらせの電話などが相次いでいるようですが、報道の様子とストリートビューとで一致する場所を特定できました。

 

次に梅沢洋容疑者の自宅を見ていきましょう。

梅沢洋容疑者の自宅は会社の近くと報道されています。

梅沢洋

梅沢洋

特に上の画像から目印が見つかりそうです。

会社の近くで外観までわかっているのでストリートビューを見ていけばわかると思いますが、こちらは場所がわかり次第追記いたします。

⇒現場映像から自宅特定!ストリートビューに移る梅沢洋の家

梅沢洋が飲酒した飲食店調査!高速道路も走行か

梅沢洋容疑者は昼食の際に飲酒したと供述していましたが、その後の取り調べでは「お店で飲酒した」と新たな供述をしていることがわかりました。

お店で飲酒したとなると、酒を提供したお店にも責任が生じてきます。

酒を注文する際にお店からは「お車でお越しでは無いですか?」などの質問はされるものの答えるのは結局のところ自己申告です。

それでお店にも責任と言われるとたまったものではないかもしれませんが、やはりお酒を提供する以上責任は生じてきます。

また、運送中に高速道路を走行していたこともわかり、その時に飲酒していたかどうかも取り調べが続いています。昼食の後に高速に入ったかどうかですぐに調べはつくでしょう。

どこのお店で飲酒したのかまでは明らかになっていませんが、わかり次第追記します。

 

[追記]梅澤洋容疑者の事故当日の行動に新情報が入りました。

梅澤洋容疑者は職場のある八街市から約40キロ離れた東京都江戸川区まで資材を運搬していたのですが、江戸川区でも職場近辺でも飲食店ではアルコールの提供は確認できなかったとのことです。

車内で飲んでいたという可能性もあるようで、運転しながらアルコールを摂取していたのならかなり悪質な飲酒運転ということになります。こちらもわかり次第追記していきます。

梅澤洋の前にも事故!暴走トラックは有名!

今回の事故が起きた八街市では、5年前の2016年にも、市内の別の通学路で登校中の児童の列にトラックが突っ込み、4人がけがをする事故が起きていた。このとき被害に遭ったのも、市立朝陽小学校の児童だった。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/2bf4ca1c2c037684a667fd80e948c467776371ba

今回の事故現場は幅7メートル程度の狭い道路です。

のどかな田舎の中にある事故現場の道路にはガードレールはありません。

過去にも朝陽小学校の児童が巻き込まれる事故が5年前に起きているにも関わらず、ガードレールの設置がされていなかったこともまた問題視されています。

この道路の制限速度は60キロ。小学生の通学路にも関わらず60キロというのは一般道の法定速度限界というのは確かに疑問ですし問題視されてもおかしくありません。

実際には80キロ以上で走行する車やトラックも多かったらしく、近隣住民の話では「恐怖の道」という発言もあっています。

ガードレールも無い状態で歩行者の横をトラックが80キロ以上で暴走しているのは考えられませんね。しかも小学校の通学路になっていたというのはどう考えても恐ろしいです。

現在朝陽小学校はバスによる送迎を行っているようですが、子供たちの安全の為にも早くガードレールや制限速度の見直しが行われてほしいものです。

千葉県八街市トラック事故直前の防犯カメラ映像

事故10分前の梅澤洋容疑者が運転するトラックの映像が新たに出てきました。

動画を見る限り、他の車よりもスピードが出ているように見えます。

ガードレールも無い小学生の通学路をこんなに大きなトラックが法定速度を超過して走るなんておそろしくてたまらないと思う人がほとんどでしょう。

5年前に事故が起きてもガードレールが設置されないように行政に頼っていては時間がかかるのなら、朝陽小学校が通学路を見直さないと保護者も安心して子供を学校に通わせられませんね。

さすがに今回大きな話題の事故が発生しているので、市も学校も絶対に対策はしてくるとは思いますが…。

梅澤洋の飲酒運転事故を時系列で紹介

STEP.1
事故前の行動

昼食時に飲酒

[追記]飲酒は飲食店でしたものではなく、コンビニで焼酎を買って車内で飲んだと梅澤洋容疑者が認めています。車内には空の焼酎が見つかっています。

STEP.2
高速道路走行か

現在捜査中ですが、飲酒後に高速道路を運転した可能性があり取り調べられています。

[追記]高速道路のパーキングエリアで焼酎を飲んだことがわかりました。

STEP.3
事故発生

「人が飛び出してきたのでよけた」
「左に急ハンドルを切ったところ、電柱にぶつかってしまった」

と供述していたものの防犯カメラには人が飛び出してきた様子は無く、それに加えて急ハンドルを切った様子もありませんでした。

ゆるやかに左に曲がっていき、そのままブレーキ痕もなく朝陽小学校から集団下校中の児童5人を轢く事故を起こしています。

STEP.4
飲酒運転が発覚

その後呼気から基準値以上のアルコールが検出され「飲酒運転」が発覚